底地は土地を借り建物を所有してる

地主が所有している土地を、地主からその土地を借りてその土地に建物を建てて所有している借地人がいる状態にあることを、「底地」といいます。 これは、国土交通省不動産鑑定評価基準の中で、宅地について借地権の付着している場合における当該宅地の所有権であることと、定義されているものです。したがいまして、借地権の状態にある土地になり、土地を借りている人は地主の方に土地代を支払わなければならない契約となっているものです。

↑PAGE TOP